2011年3月10日木曜日

卒業制作


「性格変換マシーン」

遅くなりましたが卒業制作の写真をアップします!
来てくださった皆々様ありがとうございました^^

卒業制作は、私のパパの性格を変えるマシーンを作りました。
私のパパがどんな性格をしているのか、ブログmixi等で知っている方いらっしゃると思いますが、、、いろんな意味でうざいですw


コンセプト
パパは娘のことが大好き。しかしその大好き加減がオーバーすると、娘にとってパパの存在はうざい、きもい、に変わる。でもパパは自分でその性格を変えられないのです。だから機械に頼るしかない!さっさと変換してしまいましょう。


step1
性格を変えたいパパを椅子に座らせる
step2
こうなってほしいアイテムを選ぶ。
点滴袋に入っている布で作ったアイテムは全部で29個です。
それぞれのアイテム効果は次回!

step3
先端についているチューブをマシーンにさしこむ。
チューブは本物の医療チューブを使っています。アイテムや点滴袋が全部手作りで布など柔らかい素材を使っているので、本物の医療用チューブを使うことで怖い恐ろしい感覚になります。

step4
スイッチON!!
看護婦の2人がスイッチを押すと、チューブから電流が流れてきてアイテムに伝わりマシーンに流れて、パパの頭の上にある先端からビームがでて、性格が変わります。
この看護婦は、頭が動いたり止まったり、手が動いてスイッチを押す働きをします。



流れはこんなかんじで
アイテムや、スイッチを押した後の電流経路はまた次回!


ちなみに写真に座っているのは私のパピーですw


2011年1月11日火曜日

DM



できあがりました!!
冬休み、実家に帰って家族に手伝ってもらいながら泣
刷って、切って、フィルムを計り、また切って、縫って、、、
全てアナログでやるって大変だけど、業者じゃできないのですよ。ひとつひとつ手作りでお届けします。糸も5色あります。裏地もそれぞれ違うのですよ〜


展示は暗い倉庫の中。
性格を換えたいパパを死刑囚が座るようなボロ椅子に座らせます。
天井からは無数の点滴袋。その中には様々なアイテムが入っています。
こうなってほしい性格のアイテムを選び、先端についているチューブをマシーンに差し込みます。
巨人看護婦がスイッチを押すと電流が流れ込み、頭の上にある器具からズドーーーーーン!!

うちのパパ vol.7

夏休みは一週間帰る事にしました。
が、寝室の冷房が壊れてしまいパパママは私と妹の部屋で一緒に寝ることになったのです。
部屋に居られると作業やりずらいことといったらない。

ママは
何だか合宿みたいだね♬

とバカみたいにルンルン。
冷房なんて次の日にでも直してもらえばいいのに、何故かパパは私が帰る月曜日に修理に出すという。

何故かって・・・

冷房が壊れてたら私が東京帰るまで終始一緒に居られるから


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんばんわ。
随分ご無沙汰でした。そしてまもなく卒業制作展が始まります!!
明日から搬入です。この「うちのパパ」シリーズも終わりをむかえます。
このシリーズが、どんなふうに展示されるのかは見なきゃわかりません。


武蔵野美術大学 卒業制作展2011

「性格変換マシーン」

日時 1/20 thu〜23 sun
   9:00~17:00
場所 9号館地下大展示室機材庫

オビカネ ミヤコ


よろしくです。見に来てくだされ〜

2010年12月2日木曜日

うちのパパ 番外編2

「救急車vsパパ」

これは浪人の時の話。
車の中で予備校に間に合わないなーとボソッと言った私にパパが

しょうがないな。

と、たまたま居合わせた救急車の後ろに猛スピードでついていく。

俺はこいつ(救急車)を抜かす!!!

と住宅街に入り、くねくね道を曲がり、大通りに出ると救急車を追い越していたのでした。

どうだ。俺の方が早い!!!!


亭主関白で負けず嫌いがうちのパパ

2010年11月19日金曜日

うちのパパ vol.6

vol.5のつづき

条件ふたつめの京都行きはバイトが重なってしまったのです。

しかもその京都旅行っていうのが、妹の大学受験で京都に行くからその間京都見物しに行くっていうもの。なんで妹の受験について行かなきゃいけないのかも不明。。。バカらしいので行かぬ!!と言った。口論のあげく怒って電話を切られる。

次の日また電話が
パパ
バイトはわかった。でも、もし家族3人で京都に行った時、事故にあって死んでしまったら、お前孤児になるから一緒に行こう。

2010年11月10日水曜日

うちのパパ vol.5

「命令」

ゼミでトルコに行く事になりました。
学生のうちに海外に行ってみたくて、飛行機にも乗りたくて。

親に相談したら、ママはいっらっしゃいと言ってくれました。

パパ
誰がお金払うんだ?
お前〜あれだろ?ないんだろ?
じゃあ俺の言う事を2つ聞け。
ひとつは、夏休み早く帰ってきなさい。そうだな明日。だな。
ふたつめは、今年も家族と一緒に京都に行く事。
以上!

つづく

2010年10月16日土曜日

うちのパパ vol.4

「家族会議」
Vol.3のつづき

一週間くらいして家族が用事で東京に来た。
都心のホテルに呼び出され、家族会議スタート!

「写真を見る限りコイツはよくないから今すぐ別れろ。ヒゲはえてるしなっ・・・」

彼の良い所を言ってもダメの一点張り。頭にきたのでつい言ってしまったのです。

「いいじゃん!パパだって昔恋愛してたんでしょ。ママをナンパしたくせにっ。」
「おおおまっお前どういうことだそれっ。誰が言ったんだ?!パパがそんなことするはずないだろっ!!」

という口論のあげく、彼と同じ静岡出身で予備校も一緒と言うと

「あ、静岡なの??ふぅ〜〜ん・・・じゃあヒゲ剃ったらいいよ。」
「いいんだ・・・」

その夜、パパとママのヒソヒソ声が聞こえてきました。

「お前、みやこに俺がお前をナンパしたこと言ったのか?」
「言ってないよ?」
「ナンパなんて言葉使いやがって・・・誰が言ったんだ・・・」
「知らないよ〜。隣(いとこのおじさん)じゃない?」

こないだママとガールズトークした時に、パパのナンパは確かに言ったぞ!!
大人の嘘のなすりつけだ。。。怖い怖い。。。